美内すずえ氏「ガラスの仮面」秘話明かす 最終回は20年前完成も続行宣言に拍手

連載40周年を迎えた少女漫画「ガラスの仮面」の作者、美内すずえ氏(65)が17日、大阪市内でトークイベントを行った。1975年12月にスタートして以来、単行本49巻、累計5000万部超の人気作品について、美内氏はすでに20年前に最終回は完成させていることを明かすも「皆さん、ホントごめんなさいね」と笑顔でまだまだ連載続行を宣言。集まった女性ファンから安堵の拍手が起こる中、長期連載の数々の秘話も明かした。
催淫剤

質問コーナーで司会者から「一番多い質問、お分かりですか」と聞かれると、美内氏は立ち上がり「実は最終回は20年前にできてるんです。ラストシーンの構図もセリフも全部書いてて、早く現実化したいんですけど」と明かした。ただ「だけどね、ちょっと置いとこう、他に行こうで、なかなかそこに行きつかなくて。(最終回を)あきらめたわけじゃないんですけど、ホント申し訳ありませんね」と微笑み、会場は笑いと拍手が起こった。

大阪の下町で育った。幼少時から貸本屋に入り浸り、母親から漫画を読むことを禁じられたため「なら自分で漫画を書けば、誰にも文句を言われない」と漫画家を志し、16歳でデビューした経緯を明かした。「だから今やってることは、好きでやってることの延長線なんですね」。

24歳の時に、幼少時に見た映画「王将」の主人公・坂田三吉のような女の子を描きたいと考え、以前に短編を書いた「演劇」をテーマにすることに。こうして「ガラスの仮面」が誕生した。

ただ「演劇をテーマにしたのは最大のミスでしたね」と美内氏。「主人公が新しい作品に挑戦するたび、劇中劇のストーリーや舞台構成をイチから作り上げて、どんな小さな芝居でもセリフまで考えますから、手間がかかる。通常の3倍は労力がかかるんですね」

長期連載ならではの苦労も。「ファッションやスカートの丈にしても、全てにおいて流行は取り入れない。定番で」と決めていたが、連載当初に登場していた黒電話は、やがてテレホンカード時代を経て、携帯電話の時代に。「さすがに今の時代にテレホンカードは…と、覚悟を決めて」と作品に携帯電話を登場させたところ「予想以上のブーイングが来ましたね」と苦笑いで明かした。

「ガラスの仮面」を連載するまでは、あまり演劇になじみが薄かったが、連載開始後は観劇が「最高の取材の場所」となった。気に入った公演なら、20日間程度ある公演期間の全ての昼夜公演を見るようになったといい、「例えばラブシーンを毎日見てると、『本当はこの2人、仲が悪いな』とか分かるようになりますね」とニヤリ。
中絶薬
9月には東京、大阪で舞台「ガラスの仮面」(主演・貫地谷しほり)が上演される。これまでも88年の大竹しのぶをはじめ「イメージを大切にして、この役者さんなら任せられる」と思える女優にだけ託してきたという。もちろん何度も観劇するが「セリフも全て、自分が一番分かってるはずなのに、いつも同じ場所で泣いてしまうんですよね」と笑顔で明かしていた。

◆「ガラスの仮面」…平凡な少女だった主人公・北島マヤが、大女優・月影千草によって天才的な演劇の才能を見いだされ、ライバルの姫川亜弓と主役の座を競いながら、苦難を乗り越え成長する物語。

<都知事選>「自民党への挑戦だ」小池氏に都議反発

<都知事選>「自民党への挑戦だ」小池氏に都議反発
「退路を断つのが私の生き様」「崖の下にパラシュートなしで落ちる覚悟」--。自民党衆院議員の小池百合子元防衛相(63)が6日、自民党東京都連の推薦可否の判断を待たずに都知事選への出馬を正式に表明した。自身に対する「包囲網」が狭まった状況を強調しながらも、都議会冒頭解散を公約に掲げて都議会自民党との全面対決を示した姿勢に、都連内には波紋が広がった。 小池氏は6日夕に都内で開いた記者会見で、都連の推薦がないままでの出馬について「しがらみなく都民の目線で戦えるということで、吹っ切れたところもある」と述べた。威哥王

その上で、都連が前岩手県知事の増田寛也元総務相(64)を推す動きを見せていることに対し「ブラックボックスのようだった。その思いは所属議員に共通している。都連とひとくくりにされても、いろいろな思いがある」と述べた。イカオウ

都議会最大会派の都議会自民党については、より厳しい言葉を投げた。「知事が2代続けて辞めたのは、都合が悪くなると捨てられたから」と暗に批判した。さらに「都民と都議会が分裂している」と続けた。

ふたりはほしかったので

1人目のつわりがひどくて、難産だったから
ふたりめ作ろうと思うのに2年かかってしまった…。

10か月気持ち悪いのを我慢できるかも??
と覚悟を決めるのは結構勇気が必要だったわ~。

でも、自分が二人姉妹でよかったと思ったから
私のなかでは1人はありえなかったんで
まあ、壁ではないかな。

私のまわりだけかもしれないけど、
一人っ子より兄弟三人以上の方が多い媚薬 販売
出生率が下がってるってニュースになってるけど、
結婚して子供をつくる人は産む人数は昔と
あんまりかわらないのでは??
結婚しないとか、こどもを作らないとか
人生の選択の多様化によるものなのかな~
と考えてみた。

 

小学校が一部再開=公立300超なお休校―全面復旧長期化も・熊本地震

熊本地震の影響で休校が続いていた熊本県内の300以上の公立学校のうち、一部の小学校などが25日から授業を再開した。

残る多くも週内やゴールデンウイーク(GW)明けの授業再開を見込むが、施設が損壊したり教室が避難所に使われたりしている学校もあり、全面再開の見通しは立っていない。

熊本市教育委員会によると、最初に震度7が観測された地震翌日の15日から、市立の小学校95校、中学42校などが休校を続けている。その他の市町村で25日まで休校が続く公立学校は、県のまとめで小学校103校、中学48校、五便宝高校27校など。

比較的被害の小さかった熊本市北部にある市立田底小学校(同市北区)は、25日から授業を再開。施設や通学路の安全が確認でき、体育館に避難していた人も大半が自宅に戻ったため、授業に支障がないと判断した。同区の小中各1校も27日に再開する。

県内では他にも、宇城市などで一部学校が25日から授業を開始。甚大な被害が出た南阿蘇村では、体育館などの避難所を維持したまま、GW明けの5月9日から6校ある小中学校が再開する予定。益城町は同月中の学校再開を目指す。

熊本市教委は残る学校についても、同10日をめどに再開を目指すが、課題は多い。市立龍田西小では擁壁に亀裂が見つかり、土砂崩れの恐れがあるとして避難者1000人が別施設に移動。安全確保まで施設は使えないという精力剤ランキング。体育館が壊れて使えなかったり、被災者が殺到したりした影響で、教室に被災者を受け入れている学校も多い。

「反核」私服で契約拒否 鹿児島市主催ヨガ講座 「政治色」を問題視

鹿児島市が主催する市民向けヨガ講座の講師が、私服で「反核」とプリントされたTシャツやパーカを着ていることを問題視され、2016年度の契約更新を拒否されていたことが12日分かった。「政治色」を理由に公共施設の使用を断るケースも各地で相次ぐ。今回の対応は表現の自由を侵害する「行き過ぎた措置」なのか、「行政の裁量の範囲内」なのか-。

講師は鹿児島市のフィットネスインストラクター、白澤葉月さん(51)。講座は同市鴨池2丁目の市勤労青少年ホームで週1回開かれ、白澤さんは昨年2~3月の5回、同9~10月の6回、今年2~3月の5回を担当。受講料は無料で、毎回約30人が受講した。

Tシャツやパーカは、黒地に白文字で「反核」媚薬 販売と記されている。白澤さんは反原発や反核兵器のメッセージに共鳴し、昨年初めに通販で購入。行き帰りにたびたび着用したが、講座中はヨガの専用着に着替えていた。

契約期限が迫った3月、白澤さんはホームの川崎栄夫館長(66)から「特定の政治的主張と受け取られかねず、市の講座としてふさわしくない。着なければ契約を更新する」と告げられた。白澤さんは「『反核』がなぜ政治的主張なのか。表現の自由を侵す対応で納得できない」と申し出を断った。

川崎館長によると、更新拒否は自身の判断で、「市の事業は高い政治的中立性が求められる」と理由を説明。受講生の苦情や市上層部の指示はなかったという。鹿児島市青少年課は「事実関係を知らず、これから調べたい」としている。

鹿児島県では昨年7月、薩摩川内市の川内原発近くの砂浜で反原発団体が計画したコンサートについて、県が「地域振興の行事に限り使用を認める海岸法に反する」巨人倍増と海岸利用を許可しない事態が起きた。

福岡市も昨年6月、市民団体による反戦企画展の名義後援を「特定の主義主張に立脚している」と断っている。

真央、左膝痛で大会自己ワースト9位「こんな感じかな」

女子ショートプログラム(SP)が行われ、2季ぶりの出場となった浅田真央(25)=中京大=は、65・87点で大会自己ワーストの9位スタート。年明けに左膝を痛めていたことが判明した。地元・米国のグレーシー・ゴールドが76・43点で首位。フリーは2日(日本時間3日)に行われる。

得点は伸び悩み、大会ワーストの9位と出遅れた真央の様子が、どこか違った。2年前の大会でマークした世界歴代最高得点より12・79点も低い65・87点。「最初の(トリプル)アクセルはすごく悔やまれるけど、その他に関しては自分の滑りができた。今日に関してはまあまあ、こんな感じかなって思っています」。笑みを交えながら紅蜘蛛淡々と答えた。醸し出す雰囲気は不思議なほど穏やかだった。

「回転がちょっと甘かった」という3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)は、回転不足の上にバランスを崩して両手を氷についた。25歳のベテランは“爆弾”を抱えながら戦っていた。この大会に専念するためとして2月の四大陸選手権を欠場した。「年明けは気持ち的にも体的にも大丈夫かなって思うところがあった」と話していたが、実は左膝を痛めていた。佐藤信夫コーチは「ギリギリのところでやっている。徹底的に滑り込んでいるというわけではない」と明かした。

真央は「大丈夫です」と笑顔で隠したが、練習後にアイシングを施すなどして氷上に立っている。膝の痛みはジャンプはもちろん、ステップやスピンといった全ての動きに影響する。特に左は代名詞のトリプルアクセルで踏み切る足となる。それでも「自分の武器。もちろん跳びたいという気持ちはある」というこだわりは変わらない。佐藤コーチは「女性にはとてつもなく負担が大きい。でもそれになんとか挑戦しようとするんだから。その心は大切にしてあげたい」。けがを抱えながらも構成から外さない真央の気持ちを尊重した。

14年大会は自己最高得点で優勝した。休養を経て、2年ぶりの舞台は、ほろ苦いスタートとなったが「良い時と悪い時とはある。すべてを受け入れていきたい」絶對高潮と自分に言い聞かせるように言った。フリーは「蝶々夫人」。「自分も蝶々さんのように、芯を強くもって滑りたい」。復帰イヤー最後のプログラムで、さまざまな思いを込めて真央が跳ぶ。

<米大統領>かつての敵国・キューバ 88年ぶり歴史的訪問

オバマ米大統領は20日、現職の米大統領として88年ぶりにキューバを訪問した。半世紀以上断交状態にあった両国が、2014年12月に関係正常化方針を発表してから約15カ月。オバマ氏は、社会主義国として米国と対立したかつての「敵国」への歴史的訪問によって、両国関係の発展にかける強い意欲を内外に示した。

オバマ氏は21日に首都ハバナでラウル・カストロ国家評議会議長と会談し、共同声明で関係正常化の継続を確認する。22日にはハバナの国立劇場でキューバ国民向けに演説し、国営テレビで中継される。さらに、反体制派を含む市民らと懇談しキューバの民主化を促す。野球の米大リーグとキューバ国家チームの試合も観戦する。

キューバ訪問の最大の目的は、大使館の再開や経済制裁の緩和など関係改善に向けた流れを「逆戻りできないようにする」(ローズ米大統領副補佐官)五便宝ことだ。11月の大統領選でキューバに強硬姿勢を示す候補が勝利した場合も考慮している。キューバ側に民主化や政治的自由の拡大などを促す狙いもある。キューバ側は経済制裁のさらなる緩和や人的、経済的な交流拡大などを求めるとみられる。

オバマ氏はキューバ訪問後、22日に南米アルゼンチンへ出発する。米国の対キューバ強硬姿勢に反発し、中南米での「米国の孤立」を図ってきた中南米諸国との関係改善も目指す考えだ。

大統領一家を乗せた専用機は20日午後(日本時間21日早朝)、ハバナのホセ・マルティ国際空港に到着。直前に降り始めた雨の中、オバマ氏はミシェル夫人と2人の娘とともにタラップを下りながら、笑顔で何度も手を振った。短文投稿サイト「ツイッター」では「キューバ、元気かい? 今到着した。キューバの人々と直接会い、話を聞くのが楽しみだ」と発信した。

オバマ氏は出迎えのロドリゲス・キューバ外相と笑顔であいさつを交わした後、市内のホテルでディロレンティス米代理大使ら大使館職員らと面会。1928年に最後にキューバを訪問したクーリッジ大統領は軍艦で3日を費やしたが、「自分は(空路で)3時間だった」催情薬と述べ、両国関係の接近ぶりを強調した。