治療はまだ続いてしまうのですが、次回は凍結胚の移植のみとなります

4月から体外に挑戦しております。

4月、採卵→移植まで行い、上限の15万円を申請することができました。
残念ながら陰性で、治療はまだ続いてしまうのですが、次回は凍結胚の移植のみとなります。

私は今年の4月からが初めての体外ですので、初年度=今年の3月まで合計3回申請できるはずなのですが、申請できる金額は移植のみの場合、上限は7万5千円ですよね。
次回の移植で授かれるなら申請してしまえばよいのでしょうが、万一ダメで再度採卵をすることになったら、移植のみの場合は助成金を申請しないほうが…、言い方悪いですが得なんでしょうか。
単純に、3月までにまだ採卵をすることになるかもしれない、そのときのために最上限の15万円の申請を2回分取っておくというか…
初年度3回までの申請というのは、いずれの治療にも関わらず、ということですよね?上記のように、最大限の助成を受けるため、申請を調整してもよいものなのでしょうか?
一度申請をしたら続けて申請しなければならないということはないですよね?たしか神奈川県は助成金の申請は治療が終了してから2ヶ月以内とか申請可能期間が定められていたような気がします。

参考までに、東京都の場合は年度末の3月にまとめて申請が可能なため、前年の4月から翌年の3月までの治療のなかで高額だったものを選んで助成金の申請とすることができました。

行政からは、わざと調整して申請が遅れたのか、失念していて遅れたのかまでは追求されないと思います。

とはいえ、次回の凍結胚移植でよい結果につながることが一番ですよね!無事に着床、妊娠されることをお祈りしています。

RU486

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中