卵巣が疲弊してなかなか良い卵子がとれないのでは?

刺激系からの転院だと、卵巣が疲弊してなかなか良い卵子がとれないのでは?なんて事を思ってましたが、そんなことは決してないのですね。
転院されて無事に妊娠された方のご意見は非常に心強いです。

IVFに移行するにあたり、確率的な問題で、刺激系の病院の方が早く授かるのでは?なんて思って今の病院に決めたのですが、2回のIVFが不成功に終わりました。
今の病院でこのまま治療をするなら、薬を少し替えるだけで刺激方法は変えないと言われました。

先生のAIHをやってみたら?という意見は、匙を投げられたのではないか?と私は思っています。
AIHをした上でのステップアップだったというのはご存知のはずですし、その病院ではAIHできませんから??。

待ち時間も比較的少なく、良心的な対応をして下さってると思っていたので、その対応でバッサリと人を斬る感がして、一気に幻滅している今日この頃です。

ちなみに一つでも戻してあげたかったというのは、初期胚や胚盤胞になった時点で戻したら、もしかしたらお腹の中で育つ可能性があったのでは?と思えてならないからです。
お腹の中に入らなければ、妊娠の可能性はゼロのままですから。

ひとまず、時間は限られていますが自然系の病院やその人に合った治療内容を提供してくださるという両角先生のクリニックにお話を聞きに行ってみようと思っています。

D10 媚薬

威哥王

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中