着床して初めて、母体と影響を与え合い始める

流産とつくから勘違いをされる方が多いですが、一般的な妊娠検査薬がなぜ生理予定日1週間後からとなっているかというと受精した事でhcgが反応する場合があるからです。これは、間違いが混じってますです。受精しただけではHCGはでません。一般的には、自分の最後の生理初日も分かってない人もいるので、長めにとっているだけです。
RU486

がっちり着床していれば、生理予定日当日でも確実に反応があります。それでは受精卵を移植した当日からHCGが出るでしょう。受精卵自身は母体とまったく違う存在です。着床して初めて、母体と影響を与え合い始めます。着床その瞬間に胎嚢がパカ~と出てくるわけではなく、10日以上かけて成長していきます。医学的にはその数日間すべてを着床と言うようです。その間、母体のHCGがどんどん増えていきます。

主さんの場合は、着床したけど1日、2日で成長を止めてしまったのです。だから、判定日にはHCGがもうわずかしか残っていなかったのでしょう。残念だったかもしれないけど、着床できたって、事実だけでもうれしくないですか?一度の着床形跡だけなら、不育症検査までは早いかもしれません。

D10 媚薬

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中