葉の帰りは風の呼び声ではなくて、木のが捨てないので

時間逆流することができなくて、私達はでもゆっくりいつも行って、結局は私達を離れて遠く去るでしょうを最も愛します。あれらの時間の中で私達を気にかける人、私達のために傷の痛みを忘れて、楽しみを忘れて、時間を忘れて、昨日を忘れて、明日暖かいに向ってただほほえむだけを覚えていて、1部私達にあげるのがおだやかです;数年後に、彼らは本当に古くなって、若くもう帰っていけませんでした;記憶は衰弱していて、自分の名前を忘れて、家に帰る道を忘れました;彼らは互いに支え助けて、歳月の交差点を歩いて、唇歯の澄んでいない言葉を使って、赤の他人に家に帰る道を尋ねて、一字一句の言ったのはすべてそんなに苦難に満ちていてで、彼らはとても立って風の中に寂しく助ける子供がないようです。

彼らは何も忘れて、私達に対してただ良いだけを覚えています。秋波のノンワイヤー、初めて心を忘れないで、少し時間を残して、彼らのあの訴えにくい箴言に耳を傾けます。臘の雪の冷たい梅、細やかな愛を忘れないで、1人の欠員を残して、彼らのあの言葉がない深い愛を保管します。

彼らはこれまで好きな初めの心を忘れないで、時間の水平軸のオンラインに立って、疲れる夕日のゆっくりの地滑りを見ていて下ろして、ゆっくり曲げて歳月に損な腰に折れられて、すべての愛を傾けて、指先で固まって、大きい地べたで書きます:日はもし古くありませんて、なんじのため望んで、私の心をかえます;地はもしおろそかにしないで、なんじ、永遠に長青ため望みます。

葉、細やかな愛を忘れないで、むしろ凋落して溶けて一面のほこりを行ってもよくて、木の母に栄養をつけて、風の運命をも追跡したくなくて、あちこち流浪します,精力剤。彼らは同様に怖くいつも行って、春うららかに花開く季節、心の中も大雪をおりています;昼間の彼ら、気にかかっていて通行しますやみ夜にの中の私達;風雨あとで、虹は浮かんで、窓でたたずむ前の彼らは空を仰ぎのぞんで、空が晴れ空気がすがすがしい背後の土砂が舞いどんよりした天気をじっと眺めていて、私達のために15分の空に下へ予兆を示します。私達のために一生憂えて、私達のために一生奮闘して、私達のために一生強靱になって、着くのは古くなって、ずっと置くことができないで、怖くできなくてまた私達のために多いほんの少しを払って、怖くできなくてまた私達と困難を共に切り抜けます;私達の前で良い道を心配して、風はとても急ぎで、波はとても高くて、怖く失います。

広告

みんなの考え方、行動も変わってくる

健常者でも読みにくい書き方で書かれている場合もあるわけで、うちのかみさんもああいったものは苦手なのですが(笑)、あれもある程度漢字が読めて、知的能力があって、普通の人なら理解できるという前提で作られているはずです。知能指数が200ぐらいなければ読めない取説を作っても意味がない。だから、知能指数100ぐらいの人が読める取説が用意されている。

それもだんだん変わってきたわけですよね。女性経済記者が増えるにつれて。そこはまさにゲーム理論的な問題なのです。ほかの人が何をするかで、みんなの考え方、行動も変わってくる。実際、象徴的なロールモデルが成功して、それがシグナルとなって広がると、社会が一気に変わるようなところがあります。メジャーリーグで初めて成功した野茂英雄投手などが、典型的です。日米の野球の関係を変えてしまったわけですよ。

もちろんサービスの提供側としては「普通の人」にあわさざるを得ない。しかし、すべてにおいてそうというわけでもない。例えば商品の取り扱い説明書などは一般の人でも読みにくかったりします。

それは泣き出しそうになるぐらいの幸せな光景でした

私の故郷は中国の北にあるハルビンだ。この時期のハルビンはまだ肌寒いが、大地にはもう春の兆しが見えた。北国の春はいつも強い風が吹いていて、凧揚げにはいい時期である。子供のとき、春になると、父はいつも私をここに連れて凧を揚げに来たが、今水面に映るのは私一人だけだと寂しく思っていたら、ふと父の影が近づいてくるのを見たのだ。私は思わず立ち上がって、振り返った。

先日、母から電話があって、父は足を骨折してしまい今入院しているところだと聞いたが、もう大丈夫なのかと思って嬉しくて声をかけたのだけれども、声は聞こえず、手を振っても思うように見えなかったのだ。声の聞こえた方に目を向けると驚いた。料理をテーブルに運んでいる母はまだ若く白髪もなくなっていた。料理がそろうと、四人はテーブルを囲んで一家団欒を始めたのだ。ぺちゃぺちゃ話している女の子、やさしく微笑んでいる祖母、笑っている母と、ご飯を食べながら黙って聞いている父。泣き出しそうになるぐらいの幸せな光景だった,D5原液

バスを降りて道を渡ったら、昔住んでいた家があった。それは八年前に売った古い家だった。家の前の桃の並木は八年前の春と変わらないまま静かに花を咲かせていた。リラの木の下に立っている好きだった男の子がホワイトシャツを着て微笑んでいた。子供時代の友達は私が見えないかのように、笑いながら私のそばを走って通り過ぎていった,壮陽一号。辺り一面、リラの香りに満ちていた。

“我”字病

活得老了,就学会观察对方是怎么样的一种人,逃不过我们的法眼。我开发了大陆市场。这个人说完给我一张名片。抬头上,写着是某某公司的经理。
一个经理能开发一个市场吗?没有整间公司职员的努力,没有老板的眼光和大力支持,你做得到吗?如果是你一个人做到的,那么去开另一间公司吧。
怎可以把一切归功于一个我字?就算是老板,在外国也用我们,从不是我。英文的We是谦虚的,我们就学不会用这个字眼。

我把赤字减轻了。政府里的一个小官说。单靠你一个人?简直是笑话嘛。我的宣传做得很成功!你、你、你?可怜得很,这些人是爬虫类。这个我字,说惯了,在老板面前也用,老人家听了心里当然不舒服,但是狐狸嘛,笑着说:非你不可。转头,找到另一个人,即刻炒你鱿鱼,留下你这种人,是危险的。年轻人总认为自己是不可替代的,在当今集体制作、合群经营的商业社会中,已经没有了一个我字,公司一上市,连做老板的也是受薪,做得不好随时会被股东们抛弃,哪来的我、我、我?

生意做得愈大,愈学会用人,知道人才会给你带来财富,而常把我字变为口头禅的家伙,将会给公司带来祸害,小心小心。要做我?也行,去当艺术家吧!一幅画、一件雕刻,没有了我,就死了。写文章也是,用我是种特权。做生意嘛,还是少几个我,用回我们吧!笨蛋!

三便宝