それは泣き出しそうになるぐらいの幸せな光景でした

私の故郷は中国の北にあるハルビンだ。この時期のハルビンはまだ肌寒いが、大地にはもう春の兆しが見えた。北国の春はいつも強い風が吹いていて、凧揚げにはいい時期である。子供のとき、春になると、父はいつも私をここに連れて凧を揚げに来たが、今水面に映るのは私一人だけだと寂しく思っていたら、ふと父の影が近づいてくるのを見たのだ。私は思わず立ち上がって、振り返った。

先日、母から電話があって、父は足を骨折してしまい今入院しているところだと聞いたが、もう大丈夫なのかと思って嬉しくて声をかけたのだけれども、声は聞こえず、手を振っても思うように見えなかったのだ。声の聞こえた方に目を向けると驚いた。料理をテーブルに運んでいる母はまだ若く白髪もなくなっていた。料理がそろうと、四人はテーブルを囲んで一家団欒を始めたのだ。ぺちゃぺちゃ話している女の子、やさしく微笑んでいる祖母、笑っている母と、ご飯を食べながら黙って聞いている父。泣き出しそうになるぐらいの幸せな光景だった,D5原液

バスを降りて道を渡ったら、昔住んでいた家があった。それは八年前に売った古い家だった。家の前の桃の並木は八年前の春と変わらないまま静かに花を咲かせていた。リラの木の下に立っている好きだった男の子がホワイトシャツを着て微笑んでいた。子供時代の友達は私が見えないかのように、笑いながら私のそばを走って通り過ぎていった,壮陽一号。辺り一面、リラの香りに満ちていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中