日本の最大10%増加し、価格かどうか、黄金のETFを誘

商売

社07月10日ニュース

機構火曜日(7月9日)が発表した最新のデータは、2013年には日本最大のETF株保有量が10%増加、ゴールド暴落と円安に刺激を受けた同国のインフレ見通しの下の黄金買い,催情丹.

ユーエフジェイ銀行(三菱レイヨンUFJ Trust)Osamu Hoshi火曜日、日本ゴールデンETF倉金曜日(7月5日)を超えた6トンに近い、昨年10月の記録.前に黄金ETFの資産価値の下落5%で、円の金先物以上13%下落価格.

が最近FRBの表示が可能な未来縮小購入債を受け、ブーストドル上昇は、黄金の魅力に弾圧され、ゴールド13年初年度は.2013年グローバル黄金ETP 24%下落、から1993.76トン、2003年設立後初年度の下落は、累計610億ドルの資産価値を減らす.

Hoshiによると、&quot,女性用媚薬; ;黄金一向は対抗インフレと金融危機の資産は、最近の黄金の暴落に惹かれた多くの日本投資家の買い."

2013年東京商品取引所(Tocom)金先物は累計で12%に比べて25%下落、現物市場の下げ幅が少ないため、ドル/円下落14%以上下落.

日本銀行(BOJ)の金曜日に発表した調査のデータによると、6月の第2四半期の日本の消費者のインフレ期待は3%レベルで維持.日本中央銀行総裁黒田東彦(Haruhiko Kuroda)は大規模の量的緩和政策を支え励まし消費と信用需要.

南アフリカスタンダード銀行(Standard銀行駐東京商品主管Bruce Ikemizuは、"が円安、インフレ期待の上昇、日本の消費者が次々と手ぐすね引いて、8年、日本初となるし金純買い手."

(文章来源:グローバル金属網)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中