小学校が一部再開=公立300超なお休校―全面復旧長期化も・熊本地震

熊本地震の影響で休校が続いていた熊本県内の300以上の公立学校のうち、一部の小学校などが25日から授業を再開した。

残る多くも週内やゴールデンウイーク(GW)明けの授業再開を見込むが、施設が損壊したり教室が避難所に使われたりしている学校もあり、全面再開の見通しは立っていない。

熊本市教育委員会によると、最初に震度7が観測された地震翌日の15日から、市立の小学校95校、中学42校などが休校を続けている。その他の市町村で25日まで休校が続く公立学校は、県のまとめで小学校103校、中学48校、五便宝高校27校など。

比較的被害の小さかった熊本市北部にある市立田底小学校(同市北区)は、25日から授業を再開。施設や通学路の安全が確認でき、体育館に避難していた人も大半が自宅に戻ったため、授業に支障がないと判断した。同区の小中各1校も27日に再開する。

県内では他にも、宇城市などで一部学校が25日から授業を開始。甚大な被害が出た南阿蘇村では、体育館などの避難所を維持したまま、GW明けの5月9日から6校ある小中学校が再開する予定。益城町は同月中の学校再開を目指す。

熊本市教委は残る学校についても、同10日をめどに再開を目指すが、課題は多い。市立龍田西小では擁壁に亀裂が見つかり、土砂崩れの恐れがあるとして避難者1000人が別施設に移動。安全確保まで施設は使えないという精力剤ランキング。体育館が壊れて使えなかったり、被災者が殺到したりした影響で、教室に被災者を受け入れている学校も多い。

「反核」私服で契約拒否 鹿児島市主催ヨガ講座 「政治色」を問題視

鹿児島市が主催する市民向けヨガ講座の講師が、私服で「反核」とプリントされたTシャツやパーカを着ていることを問題視され、2016年度の契約更新を拒否されていたことが12日分かった。「政治色」を理由に公共施設の使用を断るケースも各地で相次ぐ。今回の対応は表現の自由を侵害する「行き過ぎた措置」なのか、「行政の裁量の範囲内」なのか-。

講師は鹿児島市のフィットネスインストラクター、白澤葉月さん(51)。講座は同市鴨池2丁目の市勤労青少年ホームで週1回開かれ、白澤さんは昨年2~3月の5回、同9~10月の6回、今年2~3月の5回を担当。受講料は無料で、毎回約30人が受講した。

Tシャツやパーカは、黒地に白文字で「反核」媚薬 販売と記されている。白澤さんは反原発や反核兵器のメッセージに共鳴し、昨年初めに通販で購入。行き帰りにたびたび着用したが、講座中はヨガの専用着に着替えていた。

契約期限が迫った3月、白澤さんはホームの川崎栄夫館長(66)から「特定の政治的主張と受け取られかねず、市の講座としてふさわしくない。着なければ契約を更新する」と告げられた。白澤さんは「『反核』がなぜ政治的主張なのか。表現の自由を侵す対応で納得できない」と申し出を断った。

川崎館長によると、更新拒否は自身の判断で、「市の事業は高い政治的中立性が求められる」と理由を説明。受講生の苦情や市上層部の指示はなかったという。鹿児島市青少年課は「事実関係を知らず、これから調べたい」としている。

鹿児島県では昨年7月、薩摩川内市の川内原発近くの砂浜で反原発団体が計画したコンサートについて、県が「地域振興の行事に限り使用を認める海岸法に反する」巨人倍増と海岸利用を許可しない事態が起きた。

福岡市も昨年6月、市民団体による反戦企画展の名義後援を「特定の主義主張に立脚している」と断っている。

真央、左膝痛で大会自己ワースト9位「こんな感じかな」

女子ショートプログラム(SP)が行われ、2季ぶりの出場となった浅田真央(25)=中京大=は、65・87点で大会自己ワーストの9位スタート。年明けに左膝を痛めていたことが判明した。地元・米国のグレーシー・ゴールドが76・43点で首位。フリーは2日(日本時間3日)に行われる。

得点は伸び悩み、大会ワーストの9位と出遅れた真央の様子が、どこか違った。2年前の大会でマークした世界歴代最高得点より12・79点も低い65・87点。「最初の(トリプル)アクセルはすごく悔やまれるけど、その他に関しては自分の滑りができた。今日に関してはまあまあ、こんな感じかなって思っています」。笑みを交えながら紅蜘蛛淡々と答えた。醸し出す雰囲気は不思議なほど穏やかだった。

「回転がちょっと甘かった」という3回転半ジャンプ(トリプルアクセル)は、回転不足の上にバランスを崩して両手を氷についた。25歳のベテランは“爆弾”を抱えながら戦っていた。この大会に専念するためとして2月の四大陸選手権を欠場した。「年明けは気持ち的にも体的にも大丈夫かなって思うところがあった」と話していたが、実は左膝を痛めていた。佐藤信夫コーチは「ギリギリのところでやっている。徹底的に滑り込んでいるというわけではない」と明かした。

真央は「大丈夫です」と笑顔で隠したが、練習後にアイシングを施すなどして氷上に立っている。膝の痛みはジャンプはもちろん、ステップやスピンといった全ての動きに影響する。特に左は代名詞のトリプルアクセルで踏み切る足となる。それでも「自分の武器。もちろん跳びたいという気持ちはある」というこだわりは変わらない。佐藤コーチは「女性にはとてつもなく負担が大きい。でもそれになんとか挑戦しようとするんだから。その心は大切にしてあげたい」。けがを抱えながらも構成から外さない真央の気持ちを尊重した。

14年大会は自己最高得点で優勝した。休養を経て、2年ぶりの舞台は、ほろ苦いスタートとなったが「良い時と悪い時とはある。すべてを受け入れていきたい」絶對高潮と自分に言い聞かせるように言った。フリーは「蝶々夫人」。「自分も蝶々さんのように、芯を強くもって滑りたい」。復帰イヤー最後のプログラムで、さまざまな思いを込めて真央が跳ぶ。