樋口黎「1番でなければ意味がない」初出場で銀メダルも笑顔はなし 東京での飛躍誓う レスリング/リオ五輪

リオデジャネイロ五輪の男子レスリングフリースタイル57キロ級で、銀メダルを獲得した樋口黎(日体大)は表彰式でメダルを授与された。表彰台では、観客席に向かって数回会釈をしたが、その表情は固いままで、「1番でなければ意味がない」と笑顔はなかった。弱冠20歳での初五輪を糧に「銀メダルを見て悔しさを思い出し、次の東京では、1番いい色を」と飛躍を誓った。表彰式後の一問一答は以下の通り。
催淫カプセル
--銀メダル、すばらしい戦いでした。今の気持ちいかがですか

「やっぱり、決勝も内容的には五分五分で、勝てる試合だったので、最後金メダルを取れなかったことが1番悔しいです」

--今大会の戦いぶり、世界をあっと驚かせる戦いぶりでした

「やっぱりずっと1番でなければ意味がないと思ってやってきたので、2番は悔しいですが、自分の持てる技とか、指導してくれたコーチや先生方だったり、応援があっての表彰台と思っているので、銀メダルには素直に感謝して次のステップに向けて頑張りたいと思います」

--初出場の五輪、改めて、五輪という舞台、戦ってどうでした
催情薬
「やっぱり、後悔はないんですが、悔しい部分がとても多くて、やっぱりまだ1番になるためには自分に足りないものがあるんじゃないかと見つめ直して、この五輪を1つのステップにしていきたいと思います」

--悔しさという言葉、何度も出てますが、これからは世界からもマークされる存在になる。そして、4年後には東京(五輪)もあります。次に向けて
狼王戦宝
「もう1つ1つ目の前の大会を勝ち抜いていって、自分の今の実力がしっかり世界でも十分通用するレベルと分かったので、これを自信にして、また、この銀メダルを見て悔しさを思い出して、次の東京では、1番いい色を取れるように頑張りたい」

物は言いよう、だが。

新しいロゴ、果たしてどう見えるか。
曲美
どのみち短命だろうと見られているから、あまり気にする事もないかもしれないが。

井村屋さんのロゴには、些かの躍動感が見られるのだが、これのパクリ疑惑も俎上に上るこのロゴ、気のせいか貢物持参で朝貢する二人組に見えんともない。
朝貢するから「親韓倭国王」ないしは「親中倭国王」の金メッキ印を下さいと懇願している姿なのだろうか。

或いは、来るべき選挙で、憲政史上稀に見る大敗惨敗を見据えロゴで先に謝っておこうかという魂胆なのだろうか。

一時期権勢を誇った旧民主党は、党大会だったかで、二枚の日の丸を切り裂いて党旗と成した事がある。
催情薬
面白い事に、民話で似たような事をした長者の話が各地に見られる。
田植えが終わらないからと、扇で太陽を呼び戻す。

だが、その驕慢不遜ぶりにバチが当たり、急速に没落して終わる。

ひょっとして、あの切り裂いた事を詫びているのだろうか。

だとしても、民話の長者の様に、没落は免れまい。五便宝

病院に刃物男、患者刺殺…容疑で59歳息子逮捕

4日午前10時55分頃、北海道旭川市8条通6の森山病院の職員から「男が刃物を持って暴れている」と110番があった。
威哥王販売

道警旭川中央署員が駆けつけたところ、病院2階の処置室で、同市東7の3、無職太田寅之助さん(90)が刃物で刺されて、血を流して倒れており、死亡が確認された。同署は院内にいた太田さんの息子で、同所、職業不詳昌宏容疑者(59)を殺人容疑で現行犯逮捕した。

発表によると、太田さんは診察を受けるため、昌宏容疑者と一緒に病院を訪れていた。太田さんは看護師のいる前で刺されたという。
イカオウ
森山病院は旭川市中心部にある総合病院で、ベッド数約170。